japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

飲食店店長の仕事 将来性はあるのか?

飲食店の店長と言えば、お店の責任者ですから責任重大なポジションです。正直な話、個人的には店長はやりたくないというのが本音だったりします。

というのも、仕事の大変さと給料がどうも割に合わないと感じてしまうのです。飲食店の場合、利益率も低く数字だけを見れば今日は暇だね。と経営者は判断しますが、暇だろうと長時間労働している事には変わりはないんですよね。。

 

f:id:japan-eat:20211205175706j:plain

ここが飲食店従業員の一番辛いところだと思います。暇だったら帰っていいか店長だしとはいかないのです。暇であればアルバイトを返して人件費を少しでも削る努力をしなければならない。それだけやっても数字を見て暇だったねという評価。

売り上げを上げろ上げろ。それは分かっていますが、そう簡単に売り上げが上がれば悩んでる店長なんていないですから。

 



個人店での店長の仕事

個人店のような小さなお店の場合、オーナーシェフであったり雇われ店長だったりすると思いますが、基本仕事内容は全てと言ってもいいかもしれません。料理も作るでしょうし、お金の管理もするでしょうし、お店の経営全般をこなしていきます。

自分で将来お店を出したいとか夢がある人は個人店に就職する事をおすすめします。原価率から利益率までお店の全ての数字を勉強しなければお店を出す事は不可能です。

f:id:japan-eat:20211205180128j:plain

 

個人店に就職、将来性

個人店の雇われ店長の場合、基本的に長く働くべきではありません。というのも飲食店というのは毎月、毎年右肩上がりに売り上げが伸びていく業態ではありません。(飲食店が右肩上がりのグラフを描くには店舗を増やしていくしかないです)

個人店のオーナーが飲食店一本で生活しているオーナーであれば希望があるかもしれませんが、別業種を経営していて飲食店もやっているというオーナーの個人店の場合、毎月30万くらいお小遣いが入ってくればいいという感覚の場合が多く。従業員の為にどんどん店舗展開して給料上げてあげたいなんてオーナーは中々いません。

飲食店は初期投資も高額なので飲食店をやってみたくてお店を出したけど、あまりの利益率の低さにもう一店舗のリスクは取れず、一店舗だけやってるというオーナーが多いです。

ですので、そこで10年、20年働いても将来性はまずないです。出来るだけ早く仕事を覚え独立の足掛かりにするのが一番だと思います。後は交渉ですかね。15年後にはお店を下さいなんて話が出来れば一番いいですよね。

長く働いている店長が辞めたらお店が傾くのはオーナーも分かる訳で交渉はしやすいかもしれませんね。

f:id:japan-eat:20211205180606j:plain

チェーン店での店長の仕事

飲食店でも多店舗経営しているようなお店では、店長の仕事は個人店と全く違います。

もちろん全ての業務が出来なければなりませんが、一番の仕事はアルバイトの管理と言ってもいいくらいです。

最近ではニュースにもなっていますが、100席を超えるような大型店舗でさえ、社員の数は2人くらいです。中には1人で運営している店舗もあるくらいですから。

お店を運営するのはアルバイトなのです。店長はそのアルバイトをどう管理するか。本社とアルバイトの橋渡し的存在ですね。ですので仕事と言えば、アルバイトのシフト管理、売り上げ管理、本社への日報や会議に出席。営業帯ではクレーム処理などがメインですかね。

f:id:japan-eat:20211205180843j:plain

もちろんシフトが上手く組めないと自らお店でずっと働く事になる訳でそうなるといつまで経っても店長業務が終わらない負のスパイラルに陥ります。繁忙期にアルバイトがごっそり休みを取ったりなんかすると胃が痛くなります。

 

チェーン店に就職 将来性は?

チェーン店の場合、本社勤務と現場勤務があるので、普通の飲食店とは考え方が違います。飲食店は利益率が低いと言われているのに現場で働かない人達の分までお店で稼ぐわけですから、アルバイト体制になるのは当然の事ですよね。

現場の社員は全く休みが取れないと嘆いているのに、本社組は土日祝しっかり休みますからね。チェーン店に就職するのであれば、本社勤務を目指せるかどうかがポイントです。

いつまでも現場で働くのは無理です。体力が持ちません。

店舗展開のスピードにもよりますが、エリアマネージャーくらいになればぐっと仕事は楽になると言われています。ただ狭き門なのは分かると思います。いつかは店舗展開も頭打ちになるのは分かっていますし、むしろ今は店舗が減っていってますからね。

チェーン店の仕事はアルバイトが出来るように全てシステム化されています。ここが一番のポイントで社員が何故過酷なのか?要は社員は長く働いてもらう必要はないんですよ。社員を大事にしてるんであれば、現場の社員増やせばいい訳ですから。でもしない。本社勤務の人数減らせばいいと思いませんか?でもそうもいかない。みんな甘い汁は吸いたいですからね。

社員はある程度働いたら辞めると思ってる訳です。毎年新入社員の方が人件費掛からないですからね。

f:id:japan-eat:20211205181239p:plain

 

まとめ

飲食業界で働くのであれば、自分の店を持つ事が一番儲かります。もちろん一番過酷な道ですが頑張った分だけ自分に返ってきます。

この時代、そのリスクは厳しいと考えるのであればチェーン店が私はおすすめです。飲食店で働く楽しさを味わえるのはお店の醍醐味ですから。チェーン店なら業種も色々あると思うので、退職せずに移動という形でいろいろなことが学べる。収入よりも働きたいお店で働く。そう考える人なら向いてると思います。

全てに言える事は身体が一番という事。身体を壊したら元も子もありません。辛いと思ったら辞めるべきです。今の時代転職は当たり前です。無理して続ける事が一番良くないです。日本には星の数ほど飲食店はあります。自分に合った飲食店を探すのも大事だと思います。

 

 

スポンサーリンク