japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

飲食店でのアルバイトで学んだことを就活で猛アピール!

飲食店でのアルバイト経験は、社会に出たときにとっても役立つ自分の力となります。就活のときや就職面接の時に自分のアピールポイントとして魅力を伝え、就職が有利になることもあります。学んだことを振り返り、自分の強みにしましょう。

f:id:japan-eat:20220102141528j:plain

 

飲食店でアルバイトをすることで様々なことを習得することができ、その経験は就活や社会人になってからも活かすことができます。では実際に飲食店のアルバイトでどんなことが学べるのか、具体的に見てゆきましょう。

 

 

 

効率重視の飲食店での自分で考える力

f:id:japan-eat:20211231152952j:plain

飲食店では、スムーズにお客様にお料理を提供する必要があるため、スピードと判断力が非常に大切です。そのため、効率よく仕事をすることが求められます。すると、言われたことを言われたままに行うのではなく、自分の力で考え効率よくスムーズに仕事をすすめる方法を見出していく力がつきます。

 

接客や業務中で磨かれたコミュニケーション力・マナー

f:id:japan-eat:20211212143025j:plain

飲食店では接客が非常に重要です。
接客するために必要な笑顔、マナーやコミュニケーション能力が自然に身につきます。また、飲食店ではクレーム対応もホールでの接客の中に含まれてくるため、お客様を大切に丁重に接することができるようになります。

 

仕事をスムーズに進めるための協調性

f:id:japan-eat:20211208144914j:plain

飲食店での仕事はスピードが重視されるため、従業員同士の団結力や協調性が必要となります。そのため、人と人との関わり方や、自分が人のために行うことで仕事が円滑に進む方法が身につきます。

 

経営する上での学ぶという積極性

アルバイトをしている中で、自分だったらこういうお店にする。こうしたらもっと働きやすいのになどと思ったり、もし自分がお店をもつことができたらという夢もひろがり、経営する方法や経営している中での成り立ちを学ぶことができます。

 

飲食店のアルバイトでは喜びを感じることもあれば、大変だなと感じる場面もあるでしょう。ここでは飲食店のアルバイトで得られるものをご紹介します。

 

働く楽しさや達成感がある

f:id:japan-eat:20211205185330j:plain

飲食店で働いていると、ピーク時などはかなり忙しくとても大変です。しかし、そのピーク時を一生懸命捌き切り、お店の中が落ち着いたときは、忙しいということへの楽しさやチームワークによる楽しさ、何事もなくお客様をさばくことができたという達成感を感じることができます。

一人ひとりの責任感を実感する

f:id:japan-eat:20220102142412j:plain

飲食店では、ひとりひとりに責任が伴います。自分の接客により相手が嫌な思いをしいてしまうこともありますし、自分のミスで店が潰れてしまう原因となることもあります。お店で働いているからこそ、お店のネームバリューを汚すことができないという責任感を学ぶことができます。

クレームやトラブルを解決する大変さを知る

f:id:japan-eat:20211204133642j:plain

飲食店では人と人とが間近で接するため、トラブルやクレームも受けやすくなります。
そんなとき、円満に解決する方法を考え、実際に自分で対応に追われることもあり、大変さや解決するための手段が身につきます。

 

そんな飲食店でのアルバイトで学んだことは、とても素晴らしい実績であり、自分のレベルを証明することができる大きな糧となります。就活の際は採用担当に対し、飲食店のアルバイトで学んだことをアピールすると良いでしょう。ここでは飲食店のアルバイトから学んだことを上手にアピールする方法を解説します。

 

具体的な事案を伝える

f:id:japan-eat:20211204130814j:plain

まずは具体的な事案を伝えるということが大切です。たとえば「過去にこんなことがあり、こうしたほうがよいかなと思い、こうしたところ、結果このような良い結果をおさめることができました」と、実際に飲食店のアルバイトの中で役立てたことを伝えましょう。大まかな伝え方ではなく、実際にあったことを具体的に話すことで、自分に良さや素晴らしさを相手にしっかりと伝わります。たくさんの方が飲食店でのアルバイト経験されています。ですので採用担当者に「あ〜飲食店ね」とか「はいはい」ってあしらわれないように「何を学んだか」が必要です。

学んだことを今後どのように活かすか

f:id:japan-eat:20211205185443j:plain

続いて、学んだことを今後就活で就職できた場合に、この会社でどのように活かしていこうと考えているかということを伝えます。このような力が身についているため、就職できたら自分はこんな場面で即戦力になることができるとうことを明確に伝えましょう。
学んだということが重要なのではなく、その学んだことをどう活かそうと思っているのか、どんな意気込みがあるのかということが望まれています。

より伝えたい強みは先に伝える

f:id:japan-eat:20211205185136j:plain

飲食店のアルバイトでは様々なことを学び、様々なことが身につくことでしょう。
そこで、飲食店のアルバイトで学んだ自分の強みを伝えるときは伝えたいことを最初に伝えるように意識しましょう。
一番相手に伝えたいことが最後の方になってくると、相手に良さが伝わりにくくなってしまいます。最初に伝えることでインパクトが強く残り、就活がスムーズに良い方向へと進みやすくなります。

 

まとめ

飲食店でのアルバイト経験は就活での大きな強みとなります。
自分にはなにも強みがない、自分はなにも魅力がないと思っていても、飲食店でアルバイトをしていたのであれば、アピールできる魅力をたくさん持ち合わせています。
上手にアピールして、就活をスムーズに進めましょう!
しかし逆に、単なるお金目当てでのアルバイトですと、全くスキル等は身につきません。
意識して将来のために!って思いながらでないといけません。
間違いなく飲食店経験は就職に役に立ちます。しっかりと学びましょう。

 

 

スポンサーリンク