japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

飲食店必見!デリバリーを始めるメリット・デメリットを紹介

フードデリバリーの需要は年々高まっており、2020年のデリバリー市場は6264億円で前年比50%増にものぼっています。

しかし、なんとなく良いと知っていても導入に躊躇している飲食店は多いです。
そこで今回はデリバリーのメリットとデメリットを解説いたします。
デリバリーを導入するかどうかを検討ください。

f:id:japan-eat:20220116102327p:plain

飲食店がフードデリバリーを導入するメリット3つ

飲食店がデリバリーを導入するメリットは以下の3点が大きいです。

■3つのメリット■

1、席数や混雑状況に関係なく売上を伸ばせる

2、知名度向上により、イートインのお客様も増やせる

3、初期費用をほとんどかけずに始められる


1、席数や混雑状況に関係なく売上を伸ばせる

f:id:japan-eat:20211219150151j:plain

実店舗の営業で、せっかくお客様に来店してもらったのに満席で断らざるを得なかった経験はどこの店舗でもある事でしょう。しかし、フードデリバリーでは満席を理由に注文を断らずに済みます。
料理を作ればあとは配達員に運んでもらうだけです。
店内がどんなに混雑していても売上を伸ばし続けられます。
また、雨の日など客足が遠のきがちな日でもデリバリーを使えば売上を上げられます。特に新型コロナウイルス感染症の影響で実店舗での営業が制限されている今、デリバリーは売上を伸ばすための救いの手とも言えます。このように、状況に関わらず売上を伸ばせるのはデリバリーのメリットでしょう。席数が少なく回転率の悪い飲食店が、広くて回転率の良い飲食店に勝てるチャンスでもあるので、小さな飲食店こそ躊躇せずデリバリー事業に取り組むべきです。 
2、知名度向上により、イートインのお客様も増やせる

f:id:japan-eat:20211205185330j:plain

フードデリバリーを導入することで、自店の知名度を上げることができます。デリバリーサイトに自店の情報を掲載できるため、注文先を探しているお客様の目につく機会が増えるからです。特に立地条件の良くない飲食店の場合、自店の存在をアピールできる好機となります。また、デリバリーで満足度の高い料理を提供できれば、「今度はお店に行ってみようかな」とイートインのお客様を増やすこともできる可能性があります。
広告費をかけずに自店を露出できるのはフードデリバリーならではのかなりのメリットと言えるでしょう。 
3、初期費用をほとんどかけずに始められる

f:id:japan-eat:20211205185443j:plain

初期費用の安さはフードデリバリーの特徴です。
デリバリーサイトの多くは初期費用が1万円~5万円以内となっており、中には出前館のように初期費用無料で始められるサービスもあります。
店舗を構える費用と比較してみてもかなり安いですよね。また、月額手数料も固定費ではなく売上に応じた料率制となっているので、利益がマイナスになる心配もありません。金銭的なリスクがほとんどないので、どなたでも気軽に始められますよ。 
ただし気を付けないといけないのは、包材関係の確保と在庫は気にしましょう。

 

f:id:japan-eat:20220116102735j:plain

飲食店がフードデリバリーを導入するデメリット3つ

上記では飲食店がフードデリバリーを導入するメリットを紹介しましたが、デリバリーの導入にはこのようなデメリットもあります。

■3つのデメリット■

1、配達トラブルのリスクがある

2、店内の雰囲気ではなく、料理の見た目や味での勝負が必要

3、サービス利用料がかかる

 1、配達トラブルのリスクがある

f:id:japan-eat:20220116102747j:plain

デリバリーサービスの多くは、料理の配達を配達員に任せます。
しかし、なかには配達の質が低いサービスもあるのが事実です。配達の質が高いサービスを選ぶためには、配達員に対する研修の有無をチェックすると良いでしょう。Uber Eatsはボタン1つで誰でも配達員になれてしまうので、配達トラブルが多いですし、外国の方も多い、コミュニケーションもままならない傾向にあります。
反対に、出前館は配達員の管理を徹底しているため比較的安心して配達を任せられます。外部の配達員に配達を任せるのが不安な方は自店のスタッフだけで配達するのも一手です。多くのデリバリーサービスでは自店配達を選べませんが、出前館では配達方法を「自店配達」・「配達代行」の2つから選べます。「個人的には」自店配達にこだわりたい方は出前館での出店をおすすめします。 

f:id:japan-eat:20220116102837j:plain

2、店内の雰囲気ではなく、料理の見た目や味での勝負が必要

デリバリーサービスで売上を伸ばすためには、料理の見た目や味で他社との差別化を図る必要があります。

いくら店内の雰囲気や装飾がおしゃれでも、デリバリーではその良さが伝わらないからです。盛り付けの美しさや味へのこだわりだけで勝負することになります。

まずはサイトに掲載する写真でインパクトを残し、注文をいただいた後は写真通りのクオリティの料理を届けましょう。

写真だけ綺麗で、届ける料理が雑だとお客様からのイメージが悪くなってしまいます。
運んでいただいているスタッフは「時間」だけを気にしています。
一部ではありますが「届ければいい」だけです。カバンの中まではあまり気にしていません。

3、サービス利用料がかかる

デリバリーサイトを利用する限り、売上の30~40%は手数料として支払うことになります。

1,000円の商品が売れた場合、手元に残るのは600~700円です。

これに加算して人件費や減価もかかるので利益は通常より少なくなってしまいます。
とはいえ、デリバリーサイトを利用せずにデリバリー事業を成功させるのはほとんど不可能です。元々ゼロだった売上がプラスになったと考えれば、そこまでデメリットには感じづらいでしょう。

また、飲食店のほとんどがデリバリーメニューの料金を高めに設定しています。
イートインより高くても違和感は無いので、料金設定に工夫をして利益を確保してみてください。

 

まとめ

デリバリーを始めるメリットとデメリットを紹介しました。
フードデリバリーを導入しないよりもした方が良いと感じた方が大半ではないでしょうか。
フードデリバリーのデメリットを避けるためには、きちんと出店先を選ぶことが大切です。

失敗しないためにも利用規約等を取り寄せ必ず読むことをおすすめします。

Japan Eat

 

スポンサーリンク