japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

西洋料理の種類や特徴とは?

西洋料理といってもそれぞれの国によって種類や特徴が異なることはお分かりだと思います。国の特徴を活かした西洋料理の種類について見ていきましょう。西洋料理の種類を知れば、その国の特徴にも理解が広がるだろと思います。自分の気になる西洋料理を探してみては如何でしょう。

f:id:japan-eat:20220126170143j:plain

1. 西洋料理の種類と特徴

f:id:japan-eat:20220126170239j:plain

西洋料理とは、ヨーロッパやアメリカなどで発達した料理のことで、西洋料理の特徴は共通して、日本料理よりも多くの油脂を使用し、さまざまなスパイスなどが使用されていることです。

フランス料理

f:id:japan-eat:20220126170333j:plain

西洋料理の中でも有名なのが、フランス料理です。古代ギリシャやローマで発達した料理で、芸術的で美味しい料理が多い。フランス料理には主に魚介類や鴨や鳩、子羊などの食材が使われる。

イタリア料理

f:id:japan-eat:20220126170434j:plain

イタリア料理といえば、パスタやマカロニなどを使用した料理や、オリーブオイルやトマト、チーズなどを使った料理が思い浮かべられる。香辛料を多く使うのも特徴です。

スペイン料理

f:id:japan-eat:20220126170510j:plain

スペイン料理とは、味のベースににんにくやオリーブオイルが使用されることが多く、素材の味を活かした料理が多いのが特徴です。有名なのがパエリヤで、米と野菜や魚介類、肉などを一緒に煮込んだ料理です。

ドイツ料理

f:id:japan-eat:20220126170540j:plain

ドイツ料理は主にドイツの家庭料理が多く、じゃがいもを主食として使用することも多い。さらに、ソーセージなどの肉を加工した料理も非常に有名。

アメリカ料理

f:id:japan-eat:20220126170637j:plain

アメリカは移民によってさまざまな国の料理が取り入れられているのが特徴だ。アメリカ料理では、冷凍食品やインスタント食品なども発達していったと言われています。

イギリス料理

f:id:japan-eat:20220126170708j:plain

イギリス料理はとして有名なのが、少し前に話題になったローストビーフ。また、イギリスは紅茶を盛んに飲むので、紅茶に合うケーキやビスケット、サンドイッチなども発達している。

西地中海料理

地中海料理とは、地中海に面した地域の料理だ。地中海で漁獲される魚介類とにんにくや唐辛子、トマトなどを使用したものが多い。

ポルトガル料理

ポルトガルは海に面しているので、ポルトガル料理には新鮮な海の幸を使った料理が多い。味付けはシンプルなものが多いので、日本人の口にも合うといわれている。

 

2. 西洋料理の献立の種類

西洋料理の献立は種類が決まっている。コース料理ともいわれ、順番に食事が運ばれるのが特徴です。

前菜の種類

西洋料理の前菜は、オードブルとも呼ばれる。オードブルには作品という意味があり、コース料理とは別とされており、正式な席では、前菜からではなくスープから提供されることもある。

サラダの種類

西洋料理のサラダは、メインディッシュに合わせた味付けのドレッシングを野菜にかけていただくものが多い。

スープの種類

西洋料理のスープは、飲むものではなく食べるものといわれていた。よく使用されるスープとしてポタージュがある。ポタージュというと日本ではとろみのあるスープをイメージするが、フランス語ではポタージュはブイヨンスープのことを指します。

メインの種類

西洋料理のメインには魚料理と肉料理がある。魚料理は、各国で獲れた魚を使用して作られることが多い。肉料理は、牛や羊、豚を使用しており、肉の種類や部位は国によって異なる。また、国によっては七面鳥や鴨、鳩、うさぎなどを使用した肉料理もある。

 

japan-eat.com

3. 西洋料理のソースの種類

f:id:japan-eat:20220126170900j:plain

西洋料理にはソースがよく使われる。ソースはさまざまな種類があり、それぞれの食材に合わせたソースが使用されている。アルコールを使用するソースとしては白ワインを使用するソースヴァンブランや赤ワインを使用するソースヴァンルージュなどがある。
ほかにホワイトソースといわれるベシャメルや、濃厚な味わいで有名なドゥミグラス、フルーツを使用するソースなどがあります。

 

4. 西洋料理のサービスの種類

西洋料理は、国によってサービスの種類も異なる。
フランス式は、次々と食事が食卓に運ばれてくる。
イギリス式は、ゲストの皿の上にウエイターが食材を盛り付けていくスタイル。
ロシア式は寒いロシアならではで、料理が冷めてしまわないように、一品ずつ運ばれてくる。
アメリカ式、プレートに料理が盛られて出てくるのが特徴だ。

 

japan-eat.com

最後に

ひとくちに西洋料理といっても、それぞれの国によって使う食材や味付け、料理の種類などさまざまですので、西洋料理の種類の違いを知ることで、その国の歴史や食文化を知ることもできるところが食の面白いところです。気になる西洋料理を探して、いろいろな国の料理を楽しんでいただきたいです。

スポンサーリンク