japan-eat’s blog

食に関する事や飲食店の運営に関する内容を記載してます。

9月に食べ頃を迎える野菜!旬の野菜の美味しい食べ方は?2

今回は、9月が旬の野菜の特徴や食べ頃の時期について、おすすめの食べ方とともに紹介します。2です。

 

里 芋

里芋には品種がいくつかあり、種類によって旬の時期に多少のずれが生じます。土垂(どだれ)や石川早生(いしかわわせ)などは8月下旬~10月、エビイモは9月下旬、八頭や頭芋は12月~1月が食べ頃です。

旬の里芋には粘り成分が多くて、粘膜を保護し肝臓や腎臓の働きをよくする効果も期待できる。
 
 

美味しい食べ方

里芋レシピの定番といえば「煮物」です。里芋だけでももちろん美味しく食べられますが、イカや牛肉、鶏肉などと一緒に煮付けると、うま味がさらにアップします。変わり種のレシピに挑戦したい方には、揚げ物がおすすめです。採れたての小ぶりのものなら皮付きのまま素揚げに、大きいものであればコロッケにするとねっとりホクホク感を楽しめます。

 

しいたけ

キノコ類の旬は秋ですが、しいたけは3月~5月と9月~11月の2回食べ頃を迎えます。秋に収穫されたしいたけは「秋子」と呼ばれ、肉厚で張りがあり、深く濃厚な香りを持っています。原木栽培の旬のしいたけは味も香りも格段によく、やみつきになってしまうかもしれません。
 

美味しい食べ方

旬の肉厚でジューシーなしいたけが手に入ったら、焼きレシピがおすすめです。石づきを取り除き傘のほうを下にしてフライパンに並べたら、あとは蓋をしてじっくり焼くだけです。傘の内側にうま味の詰まったエキスが溜まるため、ひっくり返さず焼き上げてください。しいたけは出汁が出る食材で、鍋や煮物、汁物にも向いています。

 

しめじ

天然物のしめじの出回り期は8月下旬~11月で、食べ頃は9月~10月です。天然物は、秋にブナの倒木や切り株、枯れ木などに群がるように生えます。色は薄茶色で傘は大きいもので15cmまで成長し、栽培されたものとは見た目も味も異なります。

 

美味しい食べ方

香りのよい食べ頃のしめじを使うなら、和風の味付けレシピがピッタリです。クセのない食材で、炒め物、パスタ、煮物、汁物、どのようなものにもよくあいます。シャキシャキ感を楽しみたいならバター醤油やポン酢を使って炒めましょう。しめじから出る出汁を味わいたいなら、水炊きや醤油鍋、炊きこみご飯がおすすめです。

生 姜

生姜の旬物は「新生姜」と呼ばれます。新生姜には6月~8月に出回るものと、9月~10月が食べ頃のものがあります。甘酢漬けなどに使うための生姜は成熟する少し前の夏に収穫されますが、本来しょうがの旬は秋です。秋が旬のしょうがは収穫後にすぐに出荷されるためフレッシュで、色が白っぽくみずみずしいのが特徴です。

 

美味しい食べ方

新鮮な秋の新生姜が手に入ったら、きれいに洗って薄くスライスし、そのまま味噌やもろ味噌をつけるのがおすすめです。ただカットするだけですが、香りがよく甘みとうま味が凝縮されており、前菜やおつまみに最適な食材です。
 

ズッキーニ

近年、スーパーでもよく見かけられるズッキーニは、7月~8月の夏がメインの野菜ですが、食べ頃は9月まで続きます。旬のズッキーニは、20cm~30cmの大ぶりなものが多いです。ゴツゴツとした表面が特徴的で、緑のほかに黄色のタイプもあります。
皮にツヤとハリがあって、指で軽く押して弾力を感じられるものがみずみずしくて美味しいですよ!
 

美味しい食べ方

あまり知られていませんが、ズッキーニは生でも食べられます。キュウリのようにサラダや和え物にすると、しっとりとした食感と甘みを感じられます。定番レシピのトマト煮込みのラタトゥイユはもちろん、油との相性も非常によく、フリッターやパン粉揚げ、炒め物に使うのもおすすめです。加熱すると果肉がトロッとし、生食とは違う食感を楽しめます。
 

青梗菜

チンゲンサイは旬がわかりにくい食材の一つですが、食べ頃は3月~5月と9月~11月です。特に気温が下がる秋に採れたチンゲンサイはしまりがよく、味わい豊かなのが特徴です。青軸のチンゲンサイが主流ですが、同じ仲間で白軸タイプのものは「パクチョイ」と呼ばれ、欧米でも流通しています。

美味しい食べ方

チンゲンサイは、さっと炒めて食べるとシャキシャキとした歯触りを楽しめます。煮込むと茎部分がとろけるような食感に変わり、スープやシチューなどの煮込み料理にしても美味しいです。あっさりとした味わいで、和洋中どの味付けにもよくあいます。もともと中国野菜のため、特に中華料理にピッタリです。
 
 

唐辛子

唐辛子は七味などに加工されたものを食べる機会が多く、意外に旬の時期は知られていませんが、7月~10月が食べ頃です。唐辛子には緑、赤、黄色などさまざまな色のものがあり、秋が旬なのは赤唐辛子です。乾燥させたものもピリリと辛い味わいで、旬の生の唐辛子は風味がよく辛さのなかにもまろみがあります。
 

美味しい食べ方

旬の赤唐辛子を食べるなら、ペペロンチーノで味わうのが最適です。さわやかな香りと辛さに加えてほんのり甘みを感じられ、おしゃれな味わいに仕上がります。また、「唐辛子オイル」もおすすめです。新鮮な唐辛子に数カ所穴を開け、サラダ油に浸しましょう。炒め物やチャーハンに使うと美味しさがアップします。
juba  
スポンサーリンク